オリックス

オリックス 二軍練習試合 6月9日 VS広島 【見せ場無し】

2020年6月9日のオリックスVS広島の練習試合(二軍)を見ての感想を書いていきます。

一軍の練習試合はナイターでありますので、この記事を書いたらゆっくりと見ようと思います。

 

二軍の試合は観戦経験がほとんどないので、これから増やしていこうという気持ちです。

オリックスのスタメンは以下のようになっています。

紅組

西浦 颯大
紅林 弘太郎
宗 佑磨
白崎 浩之
頓宮 裕真
根本 薫
DH 杉本 裕太郎
平野 大和
山足 達也
先発 漆原 大晟

 

オリックスファンが周りにいない【地方のオリックスファンあるある】悲しいことにプロ野球12球団で人気が一番無い(と言われる)オリックスファンの「あるある」を記事にしました。僕の場合オリックスとは地域的には縁もゆかりもないので「地方のオリックスファン」あるあるを書いていきます。...
オリックスの試合をテレビで見る方法【スカパー】【ひかりTV】毎日のように球場に行けないという人が圧倒的に多いと思います。僕もそうです。スカパー!やひかりTVでの野球の楽しみ方を紹介します。...

オリックス 二軍練習試合 6月9日 VS広島 【見せ場無し】

久しぶりに二軍の練習試合を見ることが出来る日でした。

オリックス 1  -  6 カープ

5点差以上の感覚をもってしまうような試合内容でした。

ヒットの数を見てもオリックス「4」に対してカープが「15」

正直な所「え?4本も打ってた??」と思ってしまいました。

 

点差以上に負けているような感覚になった原因として考えられるのが

2回~6回までカープは毎回、先頭打者が出塁している

これだと思います。

 

先頭打者を抑えることが出来ていないので投手だけでなく守っている野手もリズムに乗ることが出来ずに打てない。悪循環に陥っていたように思いました。

 

オリックスの1点も、連続四球からの押し出しによるもので「もらった1点」と言えます。

続く満塁のチャンスでも併殺打で攻撃を終わらせてしまいました。

 

見ていて、退屈になるような試合展開でした。

優勝するようなチームでもこういう試合もありますので、その日に当たってしまったんだと思うようにします。

 

選手別一口メモ

今日の試合は書けることが少ないので、選手別の振り返りをしていきます。

京セラドームの近くのホテルでおススメはここ【2つ】今回は京セラドームの近くのホテルでおススメを紹介します。実際に使っている2つのホテルを紹介します。野球観戦だけじゃなくコンサートにも使われる京セラドーム。遠方から旅行に行く方の参考になれば幸いです。...

漆原大晟

今日も先発でした。2回~5回まで毎回、先頭打者に出塁を許してしまいました。

それでリズムに乗れていないように見えました。

 

5回を投げぬきましたが、全体をとおしてボールが高めに浮いていました。

低めに(思ったところに)投げられている良いボールもあったのですが、ことごとく浮いたボールを打たれていました。

 

味方のエラーによって失点したようなシーンもありました。

昨年、ウエスタンリーグでセーブ王を獲得して期待していた2020年だったのですが、今の所は苦労の年になっています。

 

オープン戦から先発をするようになっています。

オープン戦の記事でも書いていますが、せっかく去年クローザーとしての実績・経験を積み上げたのに先発にすると「なんかもったいない感」があるように思います。

 

「8回の男」として活躍した選手が翌年「抑え」に挑戦してもうまく行かないことが多いです。その時に「8回と9回は全然違う」と言われます。同じ中継ぎで違うわけですから、先発となると余計そうだと思います。

 

2軍とはいえ、ほぼ1年「クローザー」を務めた経験を生かすために1軍でも中継ぎから始めてはどうかと思います。

 

松山真之

育成ドラフト8巡目ですが、最近登板が多いです。

しかし、今日は2人目の打者の打球が右手に当たり降板となってしまいました。

 

育成の選手がケガでしばらく野球が出来ないとなると非常に残念です。

都立高校から就職に失敗→独立リーグ→プロ入り

というなかなかいない経歴です。ケガが大したことないことを祈るだけです。

 

金田和之

9回に登板しました。ストレートが154キロを計測していました。

150キロを超えるストレートを持っていることは知ってしましたが、そこまで速かったでしょうか?

 

糸井のFA移籍による人的補償でオリックスに入団しましたが、影が薄いです。

2020年の選手名鑑に「追い込まれないと行動しないタイプ」とあります。

年齢やチーム事情的にも「追い込まれた立場」だと思いますが今年はどうでしょうか。

 

大下誠一郎

8回の第一打席にレフト前ヒットを打っています。

二軍戦をよく見ているオリックスファンから「もう支配下は間違いない」という声が早くも聞こえてくるくらいの活躍を見せています。

 

試合に出場していない時も一番声が聞こえてくるのは「いつものこと」になっています。

 

宗佑磨

今日はサードでスタメン出場しました。中川のケガもあり再びサードでの出場機会が出てくるのかもしれません。

 

ですが、初回いきなり送球エラーをしてしまいそれが失点に結びついてしまいました。

打つ方では2打数1安打、1四球と2回出塁出来ました。最近になって「腰の張り」があったことがしれっと発表されました。

オリックス 宗佑磨【ドラフト2位の高卒ショートが外野へ転向】高卒のショートとしてドラフト2位指名されたオリックスの宗佑磨選手の紹介記事です。2018年から外野手(主にセンター)に転向してレギュラー定着の大チャンスでした。イチローを尊敬している選手でもあり、見た目とは裏腹に野球に対してはとてもマジメな人柄が分かります。...

 

白崎浩之

3回打席が回ってきましたが、2つの四球。

1軍に呼ばれても良いくらいの活躍をしているように見えますが、そんな簡単なものではないのかもしれません。

 

2軍の観戦経験を増やすことも目的にしているため、いずれは「こういう選手は上に呼ばれる」というのが分かるようになれば楽しみも増えるかなと思っています。

外から見ているだけでは分からない。となりそうなのが目に見えているのは確かにありますが・・・

オリックスバファローズの公式ページへは下のボタンから

ABOUT ME
一番センター駿太
読書が好きなオリックスファンです。 このブログでは僕が読んでよかった本の紹介や、オリックスバファローズの情報を公開していこうと思っています。