オリックス

オリックス2軍 7月31日 阪神戦【4投手での完封リレー】

2020年7月31日のオリックスVS阪神の試合(二軍)を見ての感想を書いていきます。

 

二軍の試合は観戦経験がほとんどないので、これから増やしていこうという気持ちです。

オリックスのスタメンは以下のようになっています。

オリックス

廣澤 伸哉
小島 修平
DH 紅林 弘太郎
杉本 裕太郎
大下 誠一郎
後藤 駿太
佐藤 優悟
根本 薫
フェリペ
先発 K-鈴木

 

オリックスファンが周りにいない【地方のオリックスファンあるある】悲しいことにプロ野球12球団で人気が一番無い(と言われる)オリックスファンの「あるある」を記事にしました。僕の場合オリックスとは地域的には縁もゆかりもないので「地方のオリックスファン」あるあるを書いていきます。...
オリックスの試合をテレビで見る方法【スカパー】【ひかりTV】毎日のように球場に行けないという人が圧倒的に多いと思います。僕もそうです。スカパー!やひかりTVでの野球の楽しみ方を紹介します。...

オリックス2軍 7月31日 阪神戦【4投手での完封リレー】

オリックス  5 - 0  阪神

昨日の試合でオリックス2軍の連敗を6で止めました。

今日からは鳴尾浜球場での阪神との3連戦となっています。

 

昨日と同じくセンターで後藤駿太がスタメン出場。

一軍復帰までの道のりは険しそうですが、活躍してほしいー。

 

オリックスバファローズの公式ページへは下のボタンから

試合全体を振り返る

オリックスは、阪神先発の西純也の立ち上がりを攻めて杉本の今シーズン1号のホームランで3点先制。

 

K-鈴木は見ていて安心感すら与えるような良い投球を続けていました。

初回に3点先制した以降両チーム無得点が続きました。

ぼちぼちランナーは出ましたが、全体としては投手戦という感じで試合が進みました。

 

3-0のまま試合が進み8回表に後藤駿太・佐藤優悟の連続タイムリースリーベースで2点追加しました。

オリックス投手陣は、K-鈴木・金田・増井・小林の4投手での完封リレーで完勝。

2連勝となりました。

野手陣

ここからは、選手別に野手陣を振り返っていきます。

 

杉本裕太郎

4番ファーストで先発。1打席目に西純也のアウトコース低めのボールを右中間へスリーラン。現地観戦で見たことがある京セラドームでの右中間への満塁ホームランのような当たりだった。

 

4打席目にもセンターオーバーのツーベースを打っています。杉本(ラオウ)らしい当たりが多く見られました。

オリックス 杉本裕太郎【オリックスファンのロマン砲】オリックスのラオウであり、オリックスファンのロマン。杉本裕太郎選手の紹介記事を書きました。長打しか打たないと話題になった時期もありましたが、2020年はモデルチェンジして結果を残していました。野球の街「徳島県阿南市」出身で、高校の先輩には「米津玄師」がいます。イチローとの関係性も注目です。...

 

後藤駿太

昨日に続いてのスタメン出場。昨日はセーフティーバント含む2安打だった。

1打席目に打った瞬間ホームランのような当たりのファールを打った。

 

8回表の第4打席に二死二塁の場面。

センターオーバーのタイムリースリーベースを打ちました。久々にリアルタイムで駿太のヒットを観ました。

 

廣澤伸哉

中日との3連戦から結果を出している。今日も1打席目、左中間へのツーベースで先制点へのきっかけを作った。

5回打席があって、2安打・1四球で3度出塁しました。盗塁も一つ決めています(タイミングはアウト気味)

そして、今日はショートでのフル出場となりましたが守備でも良い動きが見えました。センターに抜けそうな当たりを好捕していました。(送球はできずセーフ)

 

フェリペ

最近、捕手としてスタメン出場が続いている。

タイムリーヒットなども出ており、評価を上げている(・・・と嬉しい)

 

今日も一打席目にセンター前ヒットを打ちました。捕手としては珍しい俊足も武器なので盗塁を仕掛けましたが、アウトになりました。

 

二遊間や外野も守ることがありますので、出場機会は多めです。

結構見ていない試合も多いのだが、稲富がキャッチャーで試合に出ているのをあまり見ないようになった印象があります。

 

投手陣

ここからは、選手別に投手陣を振り返っていきます。

 

K-鈴木

1軍でもこれくらいストライク先行で言ってくれよ。

と言いたくなるくらいの安心感でした。特にカーブで面白いようにカウントをとれていました。ストレートも常時147キロ付近でコースも良かったです。

投球内容

6イニング 被安打3 奪三振6 四球1

今日の試合を見ていると「なんでこの投手が二軍で投げているんだ?」レベルの好投でした。

オリックス K-鈴木【ドラ1候補が2巡目で指名出来た】ドラ1候補と呼ばれていた逸材がドラフト2巡目で指名出来た、オリックスK-鈴木選手の紹介記事を書きました。2019年はチーム3番目のイニング数を投げましたが、安定感は感じられていません。オフに相撲の武蔵川部屋に弟子入りしています。2軍では無双状態なので1軍でどれだけ戦えるのか注目です。...

 

増井浩俊

8回に登板しました。

ストレートがかなり良い所に決まっていました。FAでオリックスに来てくれたので、1軍で活躍してほしいと思いますが、今年のここまでの結果なら納得の2軍降格でした。

 

1軍を経験すると成長するのか?

廣澤は、今年開幕一軍をつかみ取り「安達がお休みの日限定」という条件付きですが、スタメン出場も何試合かありました。

ヒットは打ちましたが、これといって印象に残るような活躍は出来ていませんでした。そうして、二軍に戻ったら・・・

二軍の試合では結果が出ています。「一軍と二軍は全然違う」というのをよく聞きますが、一軍での経験が生きているということなのかと思っています。

まだ数試合しかしていないので半信半疑ではあります。

 

・・・となると一人の選手のことが頭に浮かびました。

根本薫選手

昨年、オリックスはほとんどの野手が一軍登録・出場しています。根本選手はそんな中、一軍登録されなかった選手でした。※記憶が正しければ一軍登録されなかったのは「廣澤・根本」の二人のみ※

根本は二軍ではほぼ全試合に出場しています。ですが、いまいちパッとしない成績に甘んじています。

廣澤選手のパターンで行くと、根本選手に一軍の舞台を経験してもらうと良いのではないか?と「単純」に思いました。

ABOUT ME
一番センター駿太
読書が好きなオリックスファンです。 このブログでは僕が読んでよかった本の紹介や、オリックスバファローズの情報を公開していこうと思っています。