本・映画の紹介

小説『罪の余白』著:芦沢央

小説紹介『獏の耳たぶ』 著:芦沢央芦沢央さんのファンでなければ手に取らなかったであろう「獏の耳たぶ」。我が子を自らの手で「入れ替える」という場面から始まります。芦沢央さんの作品の中で特にお気に入りの作品です。...

昨日に引き続き今日も芦沢央さんの小説です。

小説『罪の余白』著:芦沢央

主人公(安藤)の娘(加奈)が学校の4階から身を投げ死亡した。

安藤は生きる希望を失ってしまった。

 

そのころ加奈の死亡で焦っている二人がいた

加奈をいじめていた咲と真帆だった。

二人は加奈をいじめており、学校のベランダから転落した原因を作っていた

 

咲は芸能界入りを目指しておりプライドも高い。

そのため、この事実は絶対にバレてはならないのだ・・・

 

咲は加奈が日記をつけていることを思い出し、加奈の父親(安藤)がどこまで知っているのか、お焼香を上げに安藤の家まで行く。

そこで安藤から「日記があるかもしれない」と咲に言い、パソコンを見てもらう。

 

そこで日記が見つかり安藤は加奈がいじめを受けていたことを知る。(咲の目の前で)

安藤は血走った目で「許せない」繰り返す・・・

 

 

咲の冷徹な人間性

咲は芸能界入りを目指しており、クラスメートからも所謂ちやほやされる存在。

自分の経歴に傷がつくことは許されない。だから、なんとしてもこのいじめの事実はバレてはならない。

 

加奈の父親(安藤)がいなくなれば、すべてが解決する

そう考えます。

 

父親を殺す計画の中で、どんどんと咲の救いようのない冷徹な人間性を垣間見ることが出来てしまいます。

読み終わったあと、「加奈ってやつは心底最低な奴だな」と思いましたし誰しもが思うことだと思います。

僕の神さま 著:芦沢央 ネタバレ無しで紹介【名探偵コナンのような水谷くん】僕の一番推している作家さんである芦沢央さんの「僕の神さま」を読了したのでネタバレ無しで紹介します。小学生の話なのですが、名探偵コナンのような水谷くんがこの本の主人公です。色々な悩みを相談されるのですが、何でも解決してくれます。胸をえぐるストーリーになっています。...

 

安藤の復讐

安藤は色々なことから咲が娘の死の原因を作ったことを突き止め復讐計画を企てる。

 

決して正義とは言えない悲しき正義という感じがして、悲しくつらい想いになります。

安藤の復讐はどんなものなのかは読んでもらえればと思います。

本の紹介で小遣い稼ぎが出来るサイト 【ブックレコメンド】本の紹介をすることで小遣い稼ぎが出来るブックレコメンドというサイトがあります。2020年に出来たばかりのサイトなのですが、読者だけでなく著者や出版社の方向けのサービスも増えてきています。新人作家さんや出版社の方にも知ってほしいサイトです。...

まとめ

本作も、ハラハラドキドキしながら一気読みしました。

読了後に知ったのですが、どうやら映画にもなっているみたいです。

映画のキャストを見ましたが、内野聖陽さん、吉本実憂さんはどちらもぴったりの配役だと感じています。まだ見てはいないのですが、今度機会があれば見てみたいと思います。

 

ファンである芦沢央さんのデビュー作ということですが、発売時期にこれを読んでいたら次回作以降が楽しみでしょうがない日々を過ごしていたと思います。

 

 

ABOUT ME
一番センター駿太
読書が好きなオリックスファンです。 このブログでは僕が読んでよかった本の紹介や、オリックスバファローズの情報を公開していこうと思っています。