本・映画の紹介

「ラプラスの魔女」 映画ネタバレ無しで紹介

東野圭吾さんの「ラプラスの魔女」が映画化されているので観ました。
ネタバレ無しで紹介します。

出典元:東宝MOVIEチャンネル「ラプラスの魔女」予告動画より引用

超・殺人事件  著:東野圭吾 レビュー・まとめ東野圭吾さんの「超・殺人事件」を読了したのでレビューとまとめを記事にしました。声に出して笑えるものもありますが、出版業界の憂いみたいなものも書かれてあると思いました。目次を見て一番期待していなかった「超理系殺人事件」がまさかのダントツのお気に入りになりました。...

内容

 

メインの登場人物

青江(あおえ)・・・櫻井翔
円華(まどか)・・・広瀬すず

ちなみに広瀬すずさんは制服を全く着ない出演はこの映画が初めてだったそうです。

あらすじ

温泉のある町の山中で水城義郎の遺体が発見された
硫化水素が検知されていたため、温泉地のための硫化水素の濃度が問題なのかどうかを調べるため青江は呼ばれていた。

検査結果は、問題ないレベルだった。
温泉地の人々は安心したが、謎は残ったままだった

水城義郎は自殺だったのか・・・
しかし、青江は言う
「屋外で硫化水素の自殺は濃度を保ちにくい為難しい」

ならば誰かが硫化水素を吸わせたのか・・・(殺人事件なのか)
青江はそれも否定(致死量の濃度を保つのが難しいから)

密閉空間でもない限り硫化水素で人間が死ぬ(殺す)のは普通に考えると不可能

これがこの事件の最大の謎だった。

水城義郎はどうやって死んだ(殺された)のか

 

少しすると、同じような所で
那須野五郎の遺体が発見されていた

雪山のベンチに座り眠るように死んでいた

そして、またしても死因は硫化水素中毒によるものだった

殺された人物

水城義郎・・・有名な映画プロデューサー
那須野五郎・・・売れていない俳優

 

この二人の接点があるとすると
水城の妻が怪しくなってくる

水城義郎が亡くなったことで、妻には【莫大な遺産】が入ってくるため動機は充分

しかし
那須野の出演作品に水城がプロデューサーをしたものは無かった・・・

そこで第三者が浮かび上がった

甘粕才生(あまかす さいせい)・・・映画監督
・観客にこびない作品
・100年に1人の天才(奇才)

この甘粕が監督を務めた作品で水城と那須野は関わっていた。

甘粕才生を介すことで水城と那須野はつながるのだった。

しかも甘粕は
47歳のとき自宅で起きた硫化水素事故で家族(妻と娘)が亡くなっている。

3人につながりがあり、しかも硫化水素という共通点もある

 

青江は捜査を続けるがそこに独特の雰囲気をまとった女性が現れた
円華(まどか)
「友達を探している。」と現場に連れて行ってほしいという。
青江は協力して遺体があった場所へ連れていくそこで円華は次々と硫化水素などについての知識を披露する

円華は自分の事を「ラプラスの魔女」と言った。
ラプラスの魔女ということは「未来の状態が完全に予知できる」
そんなことはあるのか・・・

★水城と那須野はどうやって死んだ(殺された)のか
★円華は何者なのか

 

電子書籍もある「UーNEXT」(電子書籍無料登録はこちらから)

ただの犯人さがしではありません

映画「ラプラスの魔女」は、ただ犯人を捜す物語ではありません。

円華の探している「友達」が誰なのかは、序盤で分かります。
そこから色々なものがつながって物語は展開していきます。

途中から犯人が誰なのか・・・ということから少し離れて物語が展開されていくのですが、それが結構難しい内容になっています。

しっかりと腰を落ち着けてみることをおススメします。

本の紹介で小遣い稼ぎが出来るサイト 【ブックレコメンド】本の紹介をすることで小遣い稼ぎが出来るブックレコメンドというサイトがあります。2020年に出来たばかりのサイトなのですが、読者だけでなく著者や出版社の方向けのサービスも増えてきています。新人作家さんや出版社の方にも知ってほしいサイトです。...

まとめ

最初にも書いているがこの映画の原作は東野圭吾さんの「ラプラスの魔女」です。

東野圭吾さん。読書をしない人でも聞いたことがあるという人がかなり多いと予想します。作品数もとても多く、僕の行く本屋さんには「東野圭吾コーナー」が常設されているくらいです。

とはいえ、言うほど作品を読んでいるわけではないのですが様々な種類の話をかけて凄いと思いました。

最近、東野圭吾さんの本で読んだのは「恋のゴンドラ」でしたが、この本は恋愛系でした。

小説紹介 『恋のゴンドラ』 著:東野圭吾小説紹介で「恋のゴンドラ」を取り上げます。 東野圭吾さんの本で、連作短編集となっています。読みながら、好きなキャラクターが出来ました。タイトルになっている「恋のゴンドラ」のハラハラドキドキは良かったです。...

単純な犯人探しではない
さらに
刑事や教授(青江)が大活躍するわけではない

かなり珍しいタイプの物語だと思います。

映画「ラプラスの魔女」を見た東野圭吾さんのコメント
「映画を見て作者ですが圧倒された」というものがあるそうです。
「我ながらめちゃめちゃな話を書いたものだ」というものもあり、世の中にあまりないタイプの物語が楽しめると思います。

ABOUT ME
一番センター駿太
読書が好きなオリックスファンです。 このブログでは僕が読んでよかった本の紹介や、オリックスバファローズの情報を公開していこうと思っています。