オリックス

オリックス ロドリゲス 【超低弾道の確信歩きで話題になった】

今回のオリックスバファローズ、選手紹介は【ロドリゲス】選手です。※以下、敬称略

 

オリックスファンになりたての方に向けて書いていますが、オリックスファン歴が長いぜという方にも「意外な発見」があったら良いなという想いも持って記事を作りました。

オリックスファンが周りにいない【地方のオリックスファンあるある】悲しいことにプロ野球12球団で人気が一番無い(と言われる)オリックスファンの「あるある」を記事にしました。僕の場合オリックスとは地域的には縁もゆかりもないので「地方のオリックスファン」あるあるを書いていきます。...
プロ野球をDAZNで見るってどうなの?【料金・使ってみた感想】様々なネット放送でプロ野球を見ることが出来るようになった今の世の中。そんな中、プロ野球をDAZNで見るってどうなの?という疑問を自分自身でDAZNに契約をしてみて体験しました。料金・使ってみた感想を記事にしました。...

 

オリックス ロドリゲス 【超低弾道の確信歩きで話題になった】

基本情報

生年月日:1991年11月18日

国籍:ドミニカ共和国

身長・体重: 191cm 95kg

投球・打席:右投右打

ポジション:内野手(ファースト・サード)

2020年オリックスバファローズ入団。

出典元Youtube パーソル・パ・リーグTV公式 ロドリゲス『超劇的 弾丸サヨナラHR』【ヘルマン元気かな…】 より引用

 

プロ入り前

ロドリゲス選手がプロ野球選手になるまでを振り返ります。

【おススメします】プロ野球選手名鑑を毎年買っている理由皆というさんは、プロ野球選手名鑑を買っていますか?僕はある友人に会うまでは買う発想すらなかったです。しかし、今は毎年買っています。選手名鑑を買っている理由とそうすると良いところを紹介します。...

 

アメリカでメジャー経験はない

ロドリゲスの球歴

ニューヨークメッツ 2008~15

シアトル・マリナーズ 2015

ボルティモア・オリオールズ 2016~18

アンディエゴ・パドレス 2019

オリックスバファローズ 2020~

2009年以降アメリカでプレーしていますが、メジャー経験は全くありません。

AAAに昇格したのが2019年が初めてで、2Aやそれよりも格下のリーグでのプレーが続いていました。

 

2018年に千葉ロッテマリーンズの入団テストを受けていますが、不合格でした。

翌年の2019年12月23日にタイラーヒギンスとともにオリックスバファローズと契約を結びました。

オリックス ヒギンス 【衝撃のデビュー戦はヒギンスの14球と呼ばれた】2020年からオリックスに入団したタイラー・ヒギンス選手の紹介記事を書きました。開幕は2軍スタートでしたが、山岡の故障で緊急招集されました。衝撃のデビュー戦はヒギンスの14球と一部で呼ばれています。無死満塁を無失点で切り抜ける圧巻の投球でした。...

 

2019年 マイナー成績(AAA)

75試合 打率.321 本塁打19 打点64 出塁率.363

※2009年~ マイナー通算174本塁打 打率.269

2020年オリックスバファローズに入団しました。

オリックスバファローズ ドラフト指名 振り返り(過去5年)オリックスバファローズの過去5年を振り返ってまとめています。...

課題は守備力です。

サード・レフトの守備経験がマイナー時代にありますが、基本的にはファーストでした

レフトは2016年・2018年に2試合ずつ守っただけです。

 

人柄

ここからは野球の成績面以外にも目を向けていきます。

 

甲子園球児のようなプレー

ロドリゲスは基本的にはファーストorDH(指名打者)で起用されています。

キャンプの時は「サードも出来るよ」と話し、紅白戦などで実際に守っていましたが正直「見ていられない」状態でした。

 

ファーストでもエラーがまあまあの数出てしまっています。

ですが、誰が見ても分かる「全力プレー」をしています。

「甲子園に出ている高校球児のようなプレー」

と個人的には良い意味でも悪い意味でも表現しています。

 

まとめ

今回は、2020年からオリックスバファローズでプレーしているアデルリン・ロドリゲス選手の紹介記事を書きました。

 

メジャー経験が無いのもあってか、アメリカでの情報がほとんど見当たりませんでした。

ヒギンスよりも情報が無くて驚きました。

 

2020年7月10日に球史に残るレベルの「超低弾道サヨナラスリーラン」で話題をさらいましたが、それ以降は目立った活躍が出来ていません。

 

メジャー経験が無いなかで、日本球界に場をうつし野球選手として生きていくチャンスを生かそうと力が入っているように見えます。

 

「常に100%に力を出し切る」ことがモットーなため、余計にそう見えるんだと思います。

オリックスバファローズの公式ページへは下のボタンから

ABOUT ME
一番センター駿太
読書が好きなオリックスファンです。 このブログでは僕が読んでよかった本の紹介や、オリックスバファローズの情報を公開していこうと思っています。