オリックス

オリックス 小木田敦也【力強いストレートと打者へ向かう気持ちが持ち味】

今回のオリックスバファローズ、選手紹介は【小木田敦也】選手です。※以下、敬称略

 

オリックスファンになりたての方に向けて書いていますが、オリックスファン歴が長いぜという方にも「意外な発見」があったら良いなという想いも持って記事を作りました。

プロ野球をDAZNで見るってどうなの?【料金・使ってみた感想】様々なネット放送でプロ野球を見ることが出来るようになった今の世の中。そんな中、プロ野球をDAZNで見るってどうなの?という疑問を自分自身でDAZNに契約をしてみて体験しました。料金・使ってみた感想を記事にしました。...
オリックスの試合をテレビで見る方法【スカパー】【ひかりTV】毎日のように球場に行けないという人が圧倒的に多いと思います。僕もそうです。スカパー!やひかりTVでの野球の楽しみ方を紹介します。...

オリックス 小木田敦也【力強いストレートと打者へ向かう気持ちが持ち味】

基本情報

生年月日:1998年10月10日

出身地:秋田県仙北市

身長・体重: 173cm 83kg

投球・打席:右投右打

ポジション:ピッチャー

2021年ドラフト7位でオリックスバファローズ入団。

プロ入り前

小木田敦也選手がプロ野球選手になるまでを振り返ります。

【おススメします】プロ野球選手名鑑を毎年買っている理由皆というさんは、プロ野球選手名鑑を買っていますか?僕はある友人に会うまでは買う発想すらなかったです。しかし、今は毎年買っています。選手名鑑を買っている理由とそうすると良いところを紹介します。...

角館高校卒業まで

角館小学校3年から軟式野球を始めました。

角館中学校では軟式野球部に所属していました。

 

角館高校では1年春からベンチ入り。

1年生ながら夏の予選全5試合で【6番サード】で出場し、19打数7安打、打率.369の活躍で初優勝に貢献しました。

甲子園では4打数ノーヒットで初戦(2回戦)敗退。

 

1年秋の予選から投手兼任となり、2年秋に最速更新となる146キロを出した。

チームとしては2年夏~3年春までの3季全て初戦敗退となった。

自身も5球団が視察に来た3年春の初戦で4.1イニング4失点KOを喫してしまった。

 

高校3年間で最速を18キロ更新し、3年夏に4番エースで県大会準優勝を達成

※準々決勝で1四球でノーヒットノーランを達成※

TDK時代

高校卒業後、TDK入社。

1年目から公式戦に登板していた。2年目の都市対抗予選で152キロを投げ2安打完封勝ちを収めている。

 

七十七銀行の補強選手として本戦に出場し初戦・神戸高砂戦で二大大会デビュー。

1イニングを無失点に抑えた。

 

高校時代に続きプロから注目を集める存在だった。

TDKとして8年ぶりとなる全国1勝をかけた試合では5イニング4失点で勝利した。

チームは逆転勝ちとなったが当時の事を小木田は「めずらしく緊張した」と話している。

下半身強化で最高球速が大幅にアップ

高校入学…129キロ

高校3夏…147キロ

入社4年…153キロ

2021年ドラフト7位オリックスバファローズに入団しました。

オリックスバファローズ ドラフト指名 振り返り(過去5年)オリックスバファローズの過去5年を振り返ってまとめています。...

契約金3000万円 年俸800万円(金額は推定)

 

オリックスバファローズの公式ページへは下のボタンから

ABOUT ME
一番センター駿太
読書が好きなオリックスファンです。 このブログでは僕が読んでよかった本の紹介や、オリックスバファローズの情報を公開していこうと思っています。