オリックス

オリックス 宜保翔【学業オール5の文武両道の隠れ優等生】

今回のオリックスバファローズ、選手紹介は【宜保翔】選手です。※以下、敬称略

 

オリックスファンになりたての方に向けて書いていますが、オリックスファン歴が長いぜという方にも「意外な発見」があったら良いなという想いも持って記事を作りました。

オリックスファンが周りにいない【地方のオリックスファンあるある】悲しいことにプロ野球12球団で人気が一番無い(と言われる)オリックスファンの「あるある」を記事にしました。僕の場合オリックスとは地域的には縁もゆかりもないので「地方のオリックスファン」あるあるを書いていきます。...
プロ野球をDAZNで見るってどうなの?【料金・使ってみた感想】様々なネット放送でプロ野球を見ることが出来るようになった今の世の中。そんな中、プロ野球をDAZNで見るってどうなの?という疑問を自分自身でDAZNに契約をしてみて体験しました。料金・使ってみた感想を記事にしました。...

 

オリックス 選手紹介 宜保翔【学業オール5の文武両道の隠れ優等生】

基本情報

生年月日:2000年11月26日

出身地:沖縄県豊見城市

身長・体重: 174cm 66kg

投球・打席:右投左打

ポジション:ショート(セカンド)

2018年ドラフト5位でオリックスバファローズ入団。

出典元Youtube パーソル・パ・リーグTV公式 躍動する18歳!! B宜保『たいへんよくさばきました』 より引用

 

プロ入り前

宜保翔選手がプロ野球選手になるまでを振り返ります。

【おススメします】プロ野球選手名鑑を毎年買っている理由皆というさんは、プロ野球選手名鑑を買っていますか?僕はある友人に会うまでは買う発想すらなかったです。しかし、今は毎年買っています。選手名鑑を買っている理由とそうすると良いところを紹介します。...

小学2年から野球を始める

両親ともにバレーボール経験者で母親は163センチとバレーボール選手としては小柄ですが国体にも出場しています。

 

そんな両親を持っている宜保。

野球は小学校2年生の時から始めました。

 

長嶺中学校時代は野球部に所属しショートとピッチャーで起用されていました。

ショートでの試合出場の方が多かったようです。

ちなみに中学時代に生徒会長を務めています

 

未来沖縄高校に進学

未来沖縄高校に進学後1年の時からベンチ入りを果たしました。

2年秋から4番打者を任されるようになりました。

 

中学時代と同じく主にショートでの出場が多く、背番号は「6」でした。

投手として試合に出場することもあったようです。

 

3年生の春、創部4年目で初の県大会Vを果たしました。

満塁弾を打ったり、先発して完封勝利を収めたりと投打に大活躍の高校時代となりました。

 

3年夏の甲子園をかけた大会では第1シードとして戦いました。

4回戦でタイブレークの末逆転サヨナラ負けを喫してしまいます。

 

14回表に1点をリードをしましたが、その裏2死満塁・ツーストライクまで追い込みながら逆転サヨナラタイムリーを打たれてしまいます。

 

この試合に宜保は先発し、11回から再登板しておりサヨナラ打を打たれています。

「自分たちの力が弱かった。力は出し切った」とコメントしていました。

 

同じ年のドラフトの目玉である根尾昴選手と同じ「投手・ショート」の二刀流ということで注目を集めていました。宜保本人も「プレースタイルは似ていないけど意識している」と話していました。

 

2018年ドラフト5位でオリックスバファローズに入団しました。

オリックスバファローズ ドラフト指名 振り返り(過去5年)オリックスバファローズの過去5年を振り返ってまとめています。...

 

二刀流として注目されていましたが、基本的には野手(ショート)として指名しようとしていた球団がほとんどだったようにスカウトのコメントからは推察できます。

 

プロ入り後

ここからは宜保翔のプロ1年目(2019年)から振り返ります。

 

ウエスタンリーグで100試合以上に出場

春の教育リーグで同期で同じ高卒内野手の太田諒が死球により故障したこともあってだと思いますが、ウエスタンリーグでは二遊間として試合出場が続きました。

オリックス 太田椋【打撃投手の父と共に3番ショートを狙う】2018年ドラフト1位でオリックスに入団した太田椋選手の紹介記事を書きました。父親はオリックスの打撃投手です。父親との二人三脚で3番ショートでレギュラーを取りに行きます。同期の宜保翔選手と切磋琢磨して伸びていってほしい。けん玉は検定1級レベルです。...

 

結果として100試合以上に出場できたのは今後の事を考えても非常にプラスになると思います。

 

1軍のショートが相次ぐ離脱により不足していたことを背景に

9月6日の日ハム戦で「8番・ショート」でスタメン出場を果たします。これがプロ入り初出場になりました。

 

翌日の試合で内野安打を記録したかに見えましたが、リクエストにより判定が覆りアウトになり初安打はお預けになりました。

 

数試合後にヒットが打てないまま出場選手登録を抹消されました。

安達が試合中のアクシデントで脳震盪に見舞われたことから、特例措置で9月23日に再び一軍登録されます。

 

同じ日のソフトバンク戦で二塁打を放ち初安打となりました。

しかし、この安打は3塁打を狙ったのですが3塁でアウトになってしまっています。

初安打を打ちながらアウトになったという微妙な空気が漂っていました。

 

結局1年目は6安打を放っています。

 

猛アピールしていた2020年春

2020年の春季キャンプからオープン戦にかけてのオリックスの若手有望株筆頭は間違いなく「宜保」でした。

 

同期の太田の故障もあって出場機会を得ていましたが、すぐに結果を残し予定通りの開幕なら「開幕スタメン」も十分にあるくらいのところまで来ていました。

 

しかし、開幕が延期になり自粛期間に入ってしまいました。

その自粛期間中に骨折してしまい、長期離脱が決定しています。

 

今年中(2020年)に一軍でのプレーが見ることが出来るのかどうか微妙なところです。

京セラドームの近くのホテルでおススメはここ【2つ】今回は京セラドームの近くのホテルでおススメを紹介します。実際に使っている2つのホテルを紹介します。野球観戦だけじゃなくコンサートにも使われる京セラドーム。遠方から旅行に行く方の参考になれば幸いです。...

人柄

ここからは野球の成績面以外にも目を向けていきます。

 

学業もほぼ完璧

中学時代に生徒会長を務めたこともあることはここまでに書いています。

 

高校時代の平均成績が「4.9」

5段階評価ですのでほぼ完璧です。

 

見た目からして「いかにも勉強が出来そう」な雰囲気が出ています。(良い意味で)

 

身体の解剖学、動作解析を独学で学んでいる筋肉マニアでもあるようで

高校時代にスカウトから監督にたいして「余分な筋肉は付けないで」とストップがかかったようです。

 

運動能力の高さ

毎年1月に行われる「野球部対抗の競技大会」というのがあるらしいのですが

その中で「立ち三段跳び」という競技で2・3年の時に連覇を達成しています。

 

両親がバレーボール経験者というDNAを見せつけるような成績です。

野球部対抗の競技大会は沖縄県の高校約60校が参加して、530人が参加しているようです。

 

沖縄県は香川県の高校(野球部)の倍近く学校があることに驚いています。

 

ちなみに小ネタとして

・書道を8年間続けた

・小学校低学年時にはヒップホップダンスを学んだ

というのがあります。

 

まとめ

今回は、オリックスの「隠れ優等生」でありオリックスファンの希望の星である宜保翔選手の紹介記事を書きました。

 

沖縄県出身という事で大城や比嘉と「沖縄会」というものを結成しているようです。

大城とは出身「豊見城市」というところまで同じ

オリックス 大城滉二【正尚も認める立教のヒットマン】吉田正尚も立教のヒットマンと認める大城滉二選手の紹介記事を書きました。アマチュア時代はずっとショートのレギュラーでしたが、プロ入りから今の所はショート以外も守っています。吉田正尚につなぐ役割を担ってくれる選手だと思います。...
オリックス 比嘉幹貴【神っていた2014年】2014年は「神っていた」と言っても良いくらいの活躍を見せたオリックス比嘉幹貴選手の紹介記事です。右のサイドスローから繰り出される超スローカーブはかなり使えます。コザ高校出身時代は無名でした。しかし、コザ高校の卒業式にまつわる伝統は必見です。...

 

同期には根尾・小園・藤原などの高卒で注目を集めた選手がおり、しかもチーム内にはドラフト1位で太田諒もいます。

 

ポジションも同じということでライバル関係になっています。

同期コンビで二遊間を組む日が来れば・・・と夢が広がります。

オリックスバファローズの公式ページへは下のボタンから

ABOUT ME
一番センター駿太
読書が好きなオリックスファンです。 このブログでは僕が読んでよかった本の紹介や、オリックスバファローズの情報を公開していこうと思っています。