本・映画の紹介

映画「望み」 ネタバレ無しで紹介 【息子は殺人犯?被害者??】

今回は映画「望み」を見てきたので紹介します。

原作小説は雫井脩介さんが書かれている「望み」です。

ブクログで驚異の【読者満足度100%】を達成しています

 

映画「望み」 ネタバレ無しで紹介 【息子は殺人犯?被害者??】

原作小説を書いていいる雫井脩介さんは他に「検察側の罪人」や「犯人に告ぐ」があります。

 

映画の監督をしている堤幸彦さんは「人魚の眠る家」「十二人の死にたい子供たち」があります。どちらも映画で見たり小説を読んだりしています。

その他の作品から見るにこの「望み」は個人的には【超強力タッグ】と言えます。

【映画「望み」公式サイト 予告動画より引用】

 

キャスト・あらすじ

主な登場人物

石川一登(堤真一)・・・父親

石川貴代美(石田ゆり子)・・・母親

石川規士(岡田健史)・・・長男

石川雅(清原果耶)・・・長女

内藤重彦(松田翔太)・・・週刊ジャパン記者

織田扶美子(市毛良枝)・・・貴代美の母親

 

あらすじ

家族4人で幸せな生活をしていた石川家。

長男の規士はサッカーをしていたが、練習中の骨折が原因で辞めることになった。

それがきっかけになったのか、交友関係が替わり無断外泊も増えてきていた。

 

冬休みのある日、規士が夜に外出をしてそのまま家に戻らなくなった。連絡も取れなくなってしまう。

 

一登と貴代美や翌朝、警察に連絡するか迷っている時にニュースで地元の高校生が殺されたと知る。

 

警察の調べによると規士が事件に関わっている可能性が高いということを知らされてしまう・・・

しかも、殺された高校生はもう一人いるという事を知る・・・

 

見どころ【家族それぞれの望み】

事件についての情報を警察に聞くが、ほとんど何も教えてくれない。

息子がどこにいるのか。息子は事件に関わっているのか?犯人?

もしかしたら被害者??(もう一人死んでいるから)

 

一登・貴代美・雅

残された石川家はそれぞれ違った「望み」を持っていた。

父:規士は誰かを殺せる奴じゃない(犯人だったら、家族の生活もままならない・・・)

 

母:たとえ犯人であってもとにかく生きていてほしい

その両親の間で苦悩する娘

観ている側としては、どっちかに100%肩入れ出来ない思いになると思います。

 

見どころ【憶測が家族を追い込んでいく】

事件が発生・報道されて家族の状況がどんどん追い込まれていく描写があります。

・報道陣に家の前でずっと見張られる

・仕事関係の人から「もうあんたの所には世話になれない」

・家に落書き

などなど

どれもが事実かどうか分からないまま、憶測が飛び交い家族をどんどん追い込んでいくことになります。

 

まとめ

今回は映画「望み」を見てネタバレ無しで紹介する記事を書きました。

正直、息子が犯人かどうかという所は予測がつきます。

 

ですが、それでも見てほしいと思う内容でした。

早い人は予告動画を見て「結末は大体わかった」とコメントしている人がいましたが、その人は「それでも観に行きたい」と続けていました。

 

分かっていたようなことなのですが、終盤は泣けました。

映画館でもすすり泣く声(音?)が聞こえてきました。



ABOUT ME
一番センター駿太
読書が好きなオリックスファンです。 このブログでは僕が読んでよかった本の紹介や、オリックスバファローズの情報を公開していこうと思っています。