本・映画の紹介

映画「愛がなんだ」あらすじ・感想

原作の小説は角田光代さんの「愛がなんだ」です。

角田光代さんは「紙の月」「森に眠る魚」が有名なところかなと思います。いつか読みたいと思ったまま読んでいない「森に眠る魚」が気になったまま長い月日が経過しています。

 

映画「愛がなんだ」あらすじ・感想

今回は映画「愛が何だ」の他の方の口コミを見てみました。

Amazonレビュー

・ものすごく共感できる人と全く出来ない人がいる

・妙にリアル

・こういう人いるのでは?

大体そういうものだ。と言われればそれまでですが、人によって当たりハズレが激しいのかなという印象を持ちました。

 

あらすじ

出典元:映画「愛がなんだ」公式サイト 予告動画より引用

 

主な登場人物

田中守  成田凌

山田テルコ  岸井ゆきの

中原青    若葉竜也

坂本葉子   深川麻衣

 

メインとなるのは

マモちゃん・・・田中守

テルちゃん(山田さん)・・・山田テルコ

の二人です。

 

この二人は結婚式の二次会で出会いました。パーティーに馴染めない者同士、気が合ったというのがきっかけになっています。

 

山田さんはマモちゃんのことが好きになりました。

・マモちゃんからは、金曜日はかなりの確率で電話が来るので、会社で時間を潰す。

・マモちゃんから電話があると100%会いに行く

・終電がなければ泊まる

・帰宅後のシャワー中でも電話があったら出る。御飯を食べてないことにして・・・

山田さんはマモちゃんの為に全てをささげていました。

 

しかし、マモちゃんは彼氏ではない。私たちは付き合っていない・・・

 

そうなんです、いわば

山田さんはマモちゃんのヒモです。

 

電話があると100%会いに行きますが、マモちゃんからは突然「じゃあ、帰って良いよ」と言われます。

 

しかも、最初はテルちゃんと呼んでくれていましたが

いつの日からか「山田さん」と呼ばれるようになりました。

 

そんな二人の関係を問題視しているのは葉子(深川麻衣)。

テルちゃんに「そんな男はやめておけ」とアドバイスする葉子

 

ですが、葉子にもヒモがいました。

その名は中原(若葉竜也)

 

ある日、マモちゃんが「すみれ」という女性を山田さんに紹介したところから物語は動き始めます。

本の紹介で小遣い稼ぎが出来るサイト 【ブックレコメンド】本の紹介をすることで小遣い稼ぎが出来るブックレコメンドというサイトがあります。2020年に出来たばかりのサイトなのですが、読者だけでなく著者や出版社の方向けのサービスも増えてきています。新人作家さんや出版社の方にも知ってほしいサイトです。...

途中までは全く刺さらない映画でしたが・・・

途中までは「これはハズレだな・・・」と正直思っていました。

しかし、ある人物がよく出てくるようになって様相は変わりました。

 

その人物とは・・・「 中原

葉子のヒモです。

マモちゃん

山田さん

中原

すみれ

 

この四人でバーベキューに行くことになるのですが、そのシーンから僕の中で中原が大活躍していました。

 

中原の気持ちが分かる人、いると思います。少ないかもしれないけど…

 

この中原の登場により、僕は引き込まれていきました。

中原の哀愁が何とも言えない感じでして、僕の好きな雰囲気を演じていました。

「幸せになりたいっすね」

このセリフがあるんですが、実感がこもっていました。

 

自宅で映画を楽しめるサービス「UーNEXT」(無料登録はこちら)

まとめ

角田光代さんが原作小説を書いている「愛がなんだ」を映画で見ました。

 

 

公式サイトには「好きと言えないすべての人へ」とあります。

バリバリの恋愛系映画という感じ。なんだけど、ありそうでないタイプでした。

 

めちゃくちゃ好きな人がいる。でもその好きな人からは好かれていない

そのことに気づいている。それでもその人が好き。

という方がもしいれば、バッチリ刺さると思います。

 

Amazonビューでもあったように

当たりハズレが激しそうなので、色々なレビューを見てからの判断をおススメします。

 

ABOUT ME
一番センター駿太
読書が好きなオリックスファンです。 このブログでは僕が読んでよかった本の紹介や、オリックスバファローズの情報を公開していこうと思っています。