未分類

介護士の給料 実際どうなった?【特定処遇改善加算】

【10年以上勤務している介護福祉士の給料が8万円上がる】

特に中堅以上の介護福祉士をざわつかせたこのニュース。2019年10月から(ひっそりと)実施されています。

 

今までも介護士の給料を改善しようという施策がいくつかありましたが、実感しにくいものも少なくありませんでしたが、今回はどうだったのか?現役の介護士の僕の場合どうなったのかを紹介していきいます。

特定処遇改善加算とは?

冒頭の「給料が上がるニュース」は正式な名称でいうと

『特定処遇改善加算』といいます。

 

これを先に見ると「特定」ということで処遇改善に必ず使ってくれそうだな。という期待を少しでも抱いていたと思いますが、介護士の間では「8万円上がる?(んなわけねーよ)」と言う感じでした。

 

これまでの処遇改善の施策は、最終的には各施設に使い道の判断を委ねられるというケースがありました。残念ながら、介護士は基本的に職場に処遇改善と言う意味での期待はあまりしていません。そのため「8万円上がる」といわれても、どこか他人事のように聞こえていました。

 

制度的には結局どうなった?

この制度は最初は「8万円上がる」ということで、報道されました。

しかし、その後少しずつ軌道修正されていきました。

最終的には必ず8万円上がるということではありませんでした。

 

職場で最低1人以上、キャリアのある介護福祉士の

「給料を8万円アップさせる」or年収を440万円以上にする」

 

こういうルールが出来ました。

 

これをもとに事業所が申請を行い、処遇改善として受け取ったお金を介護職員にこれまでの処遇改善に加算して配分する

という流れです。

 

なぜ特定処遇改善加算が出来たのか

これは、簡単に予想できますが

『人材不足』

介護の仕事というのは「3K」ということをよく言われそれで有名になったと言っても過言ではないと思います。

 

・汚い

・キツイ

・給料安い

 

高齢者は今後増えることは確定しているのに、働く人が増えない。それどころか減っている。

よく言われることなんですが「人間関係」が原因で辞めていく人多いです。

 

とはいえ「この業界に希望が持てない」「自分なりにやりきったから他の仕事がしたい」という声も聞きます。

 

人材不足の原因といわれる「3K」の観点から見ていくと・・・

「汚い」・・・正直ある程度経験を積めば慣れる人がほとんどです。これについては、介護をしたことが無い人のイメージによるところが大きいと個人的には考えています。

 

「キツイ」・・・これについては、介護の仕事だけではないと思います。確かに介護の仕事は体力的にも精神的にもキツイですけど・・・

 

「給料安い」・・・これは、確かにそうです。汚い場面やキツイ場面にこれだけ遭遇しておいて給料これだけ?と思ってしまうことはあります。施設によっても大きく差がある印象もあります。僕自身、介護業界内で一度転職を経験していますが施設による給料の違いは感じました。

 

以上のように、介護の人材不足の原因はやはり「給料の安さ」になるのではないかと思います。

 

実際、給料は上がったの?

結論から言うと

上がりました

 

金額を本で例えると・・・

ハードカバーの本を10冊+文庫本が数冊

これくらいです

 

僕の施設の場合、どういった計算方法だったのかを簡単に言うと・・・

・その施設の勤務年数(その他施設での勤務経験がある人はそれも加味する)

・現在の役職(ポジション)、持っている資格、研修にどれだけ参加しているか

これが基本となり、最終的には各部署のトップが中心になり職員個々への「期待値」を含めて金額が決定されたそうです。

 

僕がいるグループホームは職員の高齢化が顕著なため

部署内で下から2番目の若さになる僕は必然的に高めな給料アップとなったようです。

 

もちろん、他の職員がどれくらい上がったのかは分かりませんが・・・

 

制度的には2019年10月からの実施なのですが

僕の施設の場合は給料に反映されたのは2019年12月分からでした。

 

まとめ

特定処遇改善加算については、給料に反映されています。

当初の報道の8万円というところから考えると程遠いですが、上がったのは良いことと前向きに捉えています。

しかし、介護士の給料が上がったという報道をほとんど目にしません。それは調査結果からもあるように当初の8万円からかなり減額された金額の給料アップにしかつながっていないというのが原因にあるように考えています。

★調査結果にリーダー級の介護職員も含めての平均が【2万円】ということでした。★

 

これから超高齢社会を確実に迎える日本において重要な介護業界の人材不足という問題の少しでも解決策になればと思っていましたが、なかなか難しいようです。

 

先ほども書きましたが、とはいえ平均2万円上がっているという事実があります。それを前向きにとらえ介護業界全体の風向きも変わってこれからも待遇改善に期待したいと思います。

「月収15万円だった現役介護士の僕が月収100万円になった幸せな働き方」ネタバレ無しで紹介たんたんこと深井竜次さんの著書「月収15万円だった現役介護士の僕が月収100万円になった幸せな働き方」のまとめ・感想を書いています。派遣社員として夜勤専門で働きながらブログで副収入を稼ぐ幸せな働き方が書かれてあります。...
ABOUT ME
一番センター駿太
読書が好きなオリックスファンです。 このブログでは僕が読んでよかった本の紹介や、オリックスバファローズの情報を公開していこうと思っています。