本・映画の紹介

映画「コンフィデンスマンJP ロマンス編」 あらすじ・レビュー

今回はドラマから始まり人気を博している「コンフィデンスマンJP」の映画、ロマンス編のあらすじ・レビューを記事にしていきます。

 

映画「コンフィデンスマンJP ロマンス編」公式サイト 予告動画より引用

 

映画「コンフィデンスマンJP ロマンス編」 あらすじ・レビュー

出演者

ダー子・・・長澤まさみ

ボクちゃん・・・東出昌大

リチャード・・・小日向文世

モナコ・・・織田梨沙

五十嵐・・・小手伸也

モナコがこの映画で仲間に加わる新キャラとして登場しています。

ダー子・ボクちゃん・リチャードの3人が仲間として主に騙し合いをしていきます。

 

あらすじ

今回のターゲットは香港の女帝で氷姫と呼ばれている「ラン・リウ」

その「ラン・リウ」が持っている世界最高のダイアを頂戴しようということです。

 

プライベートがほぼ秘密になっており、完璧な警備をほこる「ラン・リウ」

しかも顔も公表されておらず、謎に包まれている。

 

ダー子達はチーム戦で「ラン・リウ」の情報を書き集め、少しずつ近づいていく。

占いを使い、少しずつ「ラン・リウ」の信用を積み上げていく

 

一方、江口洋介演じる赤星はダー子達に復讐するために、金に糸目をつけずに作戦を実行に移していた。

 

香港を舞台に、天才詐欺師たちの騙し合いが繰り広げられる

 

流れは分かっている。それでも騙される

コンフィデンスマンJPはドラマの時から流れは決まっている。

天才詐欺師たちによって見ている視聴者たちも騙される。

 

見ている側も「きっと最後はダー子達が勝つんでしょ」と言う感じみるのだが、毎回「さすがにこれは厳しいんでないの?」というところまで追い込まれてしまう。

そこからダー子達がどうやって巻き返すのかを楽しむシリーズです。

 

今回の「コンフィデンスマンJP ロマンス編」でも最後の方には「絶体絶命」「八方ふさがり」というようなシーンもあります。

どう巻き返すのか

いつから何が仕組まれていたのか

という所を楽しみに見てください。最後の答え合わせ(タネ明かし)は痛快ですよ。

「え?そこから仕込まれてたの???」となります。

 

小手伸也さんのナイスなキャラ

この作品で「名脇役」のポジションを演じている小手伸也さん。

一時、バラエティー番組などでも呼ばれるほど注目されましたがこの映画でも良いキャラを演じています。

 

映画全体を通して笑いの要素があるのですが、その要素を一手に引き受けているのが小手さん演じる「五十嵐」です。

 

映画最新作「コンフィデンスマンJP プリンセス編」

コンフィデンスマンJPの映画最新作「プリンセス編」が上映延期をされています。

 

シリーズを通して見ている人はもちろんですが、結局ダー子が勝つのだろうという感じで予想すると思います。

 

今回の最新作ではどのように視聴者たちも騙してくれるのでしょうか。

映画「コンフィデンスマンJP プリンセス編」公式サイト 予告動画より引用

 

ロマンス編より一層出演者の方々が豪華になっていますね。

「物語が完結」とありますが、本当に完結するんでしょうか?

 

自宅で映画を楽しめるサービス「UーNEXT」(無料登録はこちら)

 

まとめ

今回はこの春に上映予定だった映画「コンフィデンスマンJP プリンセス編」の前作にあ

たる「ロマンス編」のあらすじ・感想を記事にしました。

 

話の流れとしては分かっていながらそれでも見るものを楽しませてくれるコンフィデンスマンJPシリーズ。

 

どんでん返しの連続を楽しむことが出来る映画となっています。

ABOUT ME
一番センター駿太
読書が好きなオリックスファンです。 このブログでは僕が読んでよかった本の紹介や、オリックスバファローズの情報を公開していこうと思っています。