本・映画の紹介

アウトプット大全を要約してみる

アウトプット大全を要約してみる

著者:樺沢紫苑さんが凄すぎる

・メルマガ、毎日発行 13年

・Facebook、毎日更新 8年

・Youtube、毎日更新 5年

・毎日3時間以上の執筆 11年

・年2~3冊の出版 10年連続

・新作セミナー 毎月2回以上 9年連続

上に書いていることを実行しています。

さらに、それにプラスして

 

・基本、18時以降は働かない

・月10本以上の映画鑑賞

・月20冊以上の読書

・週4~5回のジム通い

・月10回以上の飲み会

・年30日以上の海外旅行

樺沢さん本人が本書で言っていますが「人の3倍は遊んでいます」

アウトプットの方法を工夫していうことで、上記の二つの枠の中の事が実行可能とのことです。

人生は、アウトプットで変わる

そう語る樺沢紫苑さんの書いたアウトプット大全を見ていきましょう。

アウトプットの黄金比率

   インプット:アウトプット

  3  :  7

これが黄金比率だと樺沢さんは言っております。

かなりアウトプットの比重が多いなと感じませんでしたか?

日本型の教育はインプットが多すぎてアウトプットの機会が少ないため、日本人はアウトプットが苦手だということです。

2週間で3回以上のアウトプット

これをすることで長期記憶として残りやすくなります。

アウトプットすることで「なぜうまくいかないのか」「なぜこうなってしまうのか」というように疑問が出てきます。その疑問をほったらかしにせずに調べる(インプット)

調べた結果を生かしてアウトプットする。

というようにインプットとアウトプットのサイクルをうまく回すことでアウトプットの効果がさらに向上します。それを繰り返すことで自己成長につながります。

アウトプットしないインプットに意味はない

と書かれておりアウトプットあってのインプットだということです。

アウトプット力を向上させるには

・昨日あったこと

・昨日見たドラマ

・昨日読んだ本

上記のようなことを事実と感想、意見を交えて誰かに話すということがアウトプット力向上につながります。

ポジティヴなアウトプットじゃないと意味がないと言います。というのも・・・

「悪口はネガティブな人生のスタート」と樺沢さんは話しております。

悪口=○○が嫌いという記憶・感情を強化してしまうだけで一円にもならないのでポジティヴなアウトプットじゃないと意味がないということです。

 

最高のアプトプットは「教える」こと

最近は読書する人が少ないと言われていますが、中には読書をするという人ももちろんいます。

しかし、その数少ない読書をする人の中で読んだ本を後で説明できる人というのはもっと少ないと思います。(実際僕もその傾向が強いです)

 

本を読むということが出来ているのにもったいない状況と言えます。

これからは「今から読む本の内容を後で誰かに教える」つもりで読むことをおススメしています。

この本を読んで友達に「本の内容を教える」ということを挑戦していますが、かなり難しいです。

上にも書いていますが「昨日あったことを友達に言う。」ただそれだけのことでも「教える」に近いことだと思いますのでアウトプット力向上につながるのだと思います。

 

本や映画の感想・要約をツイッターでつぶやくのも効果的だそうです

アウトプット力を高めるトレーニング7つ

1 日記を書く

2 健康について記録する

3 読書感想を書く

4 情報発信する

5 SNSに書く

6 ブログを書く

7 趣味について書く

全ての項目において、詳細を分かりやすく書いてくれています。

この中で6.ブログを書くということがあります。

僕は2020年1月からブログを開設し毎日更新をしています。ブログで3.読書感想を書いたり、7.趣味について書いたりしています。またツイッターでもブログの更新をお知らせする時に一言ツイートしたりと、ブログを書くことでアウトプット力向上につなげやすいということを理解しました。

 

樺沢さんは本書の中で「100ー300ー1000の法則」を言っています。

ブログで言うと100記事、300記事、1000記事前後で大きくレベルアップするタイミングが訪れるということです。

この記事を更新している現在が30記事目付近です。自分でも満足していませんし、これからも続けていこうと思います。ひとまず100記事を目標に毎日頑張っていこうと思います。

本の紹介で小遣い稼ぎが出来るサイト 【ブックレコメンド】本の紹介をすることで小遣い稼ぎが出来るブックレコメンドというサイトがあります。2020年に出来たばかりのサイトなのですが、読者だけでなく著者や出版社の方向けのサービスも増えてきています。新人作家さんや出版社の方にも知ってほしいサイトです。...

まとめ

とにかく本書ではアウトプットの重要性を書いています。

アウトプットのないインプットに意味はない。という言葉を肝に銘じて今後行動していかないといけないと思いました。

 

自分なりにアウトプット力向上に向けて、読んだ本を友達に話したりブログで感想をアップしたりということを続けていこうと思います。

多くの人に読まれている本書ですが、しかし実際にアウトプットしているいる人は少ないと思います。数多くの「稼いでいる人」が言っていることがあります。

勉強しても行動に移している人が少ない

これです。たしかに、今までの自分を振り返ってみても「本を読んでいるだけ」という状況でした。

この「アウトプット大全」だけでなく多くの本にも書かれている「行動に移す」ということを実践していこうと思います。

「キングオブ自己啓発本」と呼ばれている「アウトプット大全」を紹介しました。

ABOUT ME
一番センター駿太
読書が好きなオリックスファンです。 このブログでは僕が読んでよかった本の紹介や、オリックスバファローズの情報を公開していこうと思っています。